薬学(Pharmaceutical science)・医学(Medical Science)・コンピューターシステム(Computer system)の連携により、これからの世に、新しい医療環境を創造します。
  • ホーム
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム >> 教育事業 >> 2010年度・月例勉強会

 

第5回 ハザマ薬局 薬剤師3.0セミナー 
  • プログラム
  • 日時:2011年11月27日(日)13:00〜17:00
  • 場所:大阪トヨペットエンタプライズ株式会社 9階大ホール
  • 演題T:「今日のトピックス/認知症について 2」
  •  
  • 演題U:「感冒症候群 漢方処方シリーズ PART2」
  • 詳細はこちら>>
  •  
第4回 ハザマ薬局 薬剤師3.0セミナー 
  • プログラム
  • 日時:2011年9月25日(日)13:00〜17:00
  • 場所:第1サニーストンホテル   新館2階 鷹の間
  • 演題T:「今日のトピックス/認知症について」
  •  
  • 演題U:「感冒症候群 漢方処方シリーズ PART1」
  • 詳細はこちら>>
  •  
第3回 ハザマ薬局 薬剤師3.0セミナー 
  • プログラム
  • 日時:2011年7月17日(日)13:00〜17:00
  • 場所:第1サニーストンホテル   新館2階 鷹の間
  • 演題T:「医薬品の適正使用を考える」
  •  
  • 演題U:「不眠・漢方処方の簡単な考え方」
  • 詳細はこちら>>
  •  
第2回 ハザマ薬局 薬剤師3.0セミナー 
  • プログラム
  • 日時:2011年5月29日(日)13:00〜17:00
  • 場所:第1サニーストンホテル 別館3階 富士の間
  • 演題T:「薬剤師にしかできない考察ができるようになるために
    〜サプリメント・OTC〜ハイリスク薬まで〜」
  • 演題U:「誰でも簡単に実践できる店頭・在宅患家での漢方処方」
  • 詳細はこちら>>
  •  
第1回 ハザマ薬局 薬剤師3.0セミナー 
  • プログラム
  • 日時:2011年3月20日(日)13:00〜17:00
  • 場所:第1サニーストンホテル 新館2階 鷹の間
  • 「薬局 3.0」から「薬剤師3.0」へ」
  • 詳細はこちら>>
  •  
第134回 開催分(2011年2月20日開催)
  • プログラム
  • 日時:2011年2月20日(日)10:00〜16:30
  • 場所:新千里西町 臨床薬学研修センター
  • 1.「Simulated Patient(模擬患者)参加型コミュニケーション講習会 第1部」
  • 開催時刻:10:00〜12:30
  • 講師:神戸学院大学 薬学部 臨床薬学部門 上町亜希子 先生
  • 2.「Simulated Patient(模擬患者)参加型コミュニケーション講習会 第2部」
  • 開催時刻:13:30〜16:30
  • 講師:神戸学院大学 薬学部 臨床薬学部門 上町亜希子 先生
  • SP…Simulated Patient(模擬患者)のスペシャリストに、実際の調剤窓口業務に近付けたコミュニケーション模擬訓練を行いました。
    様々なシチュエーションのもと、SPの方は役に入り込んで難しいコミュニケーションの事例を実演して下さいました。対応の訓練をする私たちは、普段の業務で実際に行っているはずですが、なかなかスムーズにご案内ができないシーンが多々あり、勉強・訓練の余地がまだまだあると実感しました。
第133回 開催分(2011年1月16日開催)
  • プログラム
  • 日時:2011年1月16日(日)9:00〜14:00
  • 場所:株式会社 湯山製作所本社(豊中市名神口3-3-1)
  • 1.「薬局における麻薬管理について」
  • 開催時刻:9:00〜9:50
  • 講師:株式会社メデイセオ関西支社管理部管理グループ 専任マネジャー 北野 隆志 氏
  • 薬局における麻薬の譲受・譲渡や保管管理や廃棄方法などについてお教え頂きました。
  • 第一講義「薬局における麻薬管理について」の様子
  • 2.「バイタルサイン講習会」
  • 開催時刻:10:00〜12:30
  • 講師:ファルメディコ株式会社 河島マネージャー
  • 今までの調剤のみを行う薬剤師ではなく、地域医療の一員として町の医師や看護師と共に医療をサポートできる様に、血圧測定や聴診器を使用したバイタルサインチェックの講習を行いました。
  • 第一講義「薬局における麻薬管理について」の様子
  • 3.「株式会社 湯山製作所本社 ショールーム見学会」
  • 開催時刻:13:15〜14:00
  • 講師:株式会社 湯山製作所、係長 坂本 和弥 氏
  •  
第133回勉強会に対するハザマ薬局薬剤師たちの感想
(2011年1月現在の立場において記載)
【平野センター店】 本多昭恵 薬剤師
昔に比べて麻薬の使用頻度も高くなっているので、もう少し薬局と卸間での融通がきくようになってほしい。(返品など)発注時間、配送時間の制限などもこれに関してはクリニックからの要望もあります。法律的にも遠い未来なのでしょうか?
また、期限切れ、患者さんからの返却分(未使用)の廃棄もしっかりと行わなければいけない。薬局間連携も必要だと思います。
【法善寺店】 岸本百代 薬剤師
取り扱いが厳重な麻薬の話は、実際細かいことまで実は知らないことがいくつもあり、とても役立ちました。
いつ立ち入り検査があっても大丈夫なようにきちんと管理できるよう店に帰ったら見直してみようと思います。
【平野センター店】 鈴木富子 薬剤師
最近は麻薬の受入、払出がなかったので改めて知識の再確認ができて良かったです。とてもわかりやすかったです。
iPadは持っていなかったので、今日のバイタルサインの講義でiPadを用いて異常音を実際に聴けたのは貴重な体験でした。まだ要領が悪いので、もっと練習を積んでスムーズにバイタルサインがとれるようにしなければならないと、改めて感じました。