薬学(Pharmaceutical science)・医学(Medical Science)・コンピューターシステム(Computer system)の連携により、これからの世に、新しい医療環境を創造します。
  • ホーム
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム >> ニュース

医療事故防止セミナーを11月17日開催!

増え続ける高齢者に対応すべく、高齢者施設も増加の一途をたどり、高齢者施設でもこれまで以上に医療サポートが必要な利用者も増加しています。これに伴い、医療事故の増加が懸念されます。その中のひとつが誤薬です。誤薬は利用者の死亡事故による損害賠償や、最悪業務停止など、施設経営に大きなリスクを孕んでいます。厚労省や自治体において誤薬防止を含む医療安全対策に向けた議論がなされ、医療機関等に対する注意喚起はされていますが、事故防止対策はそれぞれの現場にゆだねられているのが現状です。

高齢者施設の現場では、慢性的な人材不足や知識の不足などによる配薬・与薬ミスがあり、高精度のチェックシステムの導入やヒューマンエラー減少などの解決策が求められています。

高い医療サービスを提供し、入居者およびそのご家族に安心感を与えることは高い施設稼働率、ひいては安定した施設経営につながり、施設従事者の待遇改善や離職防止にもつながり、日本の超高齢社会を支える一助になります。

そこで、広く情報やノウハウを提供するセミナーを下記のとおり開催することといたしました

高齢者施設稼働率95%を維持する”『医療事故防止セミナー』概要

開催日  :2017年11月17日(金)10:00〜12:30 (受付開始:9:30〜)

開催場所 :ファルメディコ株式会社 2F研修室 (大阪市北区天神橋1-9-5 山西屋・西孫ビル2F)
(詳細地図 https://goo.gl/maps/ok8BzjuNNpQ2)

参加費  :無料

定員   :30名

お申し込み:06-4801-9555
http://www.pharmedico.com/seminar_medical-accident-prevention/

参加対象 :有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅の経営者・ご担当者様 ※筆記用具をご持参ください。

主催   :ファルメディコ株式会社
共催   :PHB Design株式会社


お問い合わせ番号